スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

お別れ

二年前の今日、アツシとお別れをしました。

アツシは私が1人暮らしを始めると同時に飼った猫。

ろいより一年、ちいより二年、お兄ちゃん。

生後八ヶ月ぐらいのアツシ
NEC_0027.jpg

仕事から疲れて帰ると、玄関にはいつもアツシが待ってました。

アツシの顔を見て、抱っこして、重み、体温を感じると疲れは吹き飛びました。

本当に、本当に幸せでした。
NEC_0023.jpg



去勢手術も無事にすまし、しばらく経った頃、体に変化がありました。

体をかゆがる、耳が赤い、脱毛箇所がある・・・

獣医さんに連れて行ったところ、『食餌アレルギー』との事でした。

色々なフードを試しましたが、完全におさまることはありませんでした。

アレルギー用の処方食とステロイドで症状を軽くしていくしか方法はありませんでした。

ステロイドの副作用は理解してました。

十分に理解していました。

でも、どうすることもできず・・・

もちろん、ステロイドは効きました。

不安を抱えながらも安定した日々が続きました。

その間にろいを迎え、ちいを迎えました。

喧嘩もしたけど、仲良くなってくれました。
NEC_0014.jpg
NEC_0087.jpg

でも、2008年。

アツシの前脚にシコリが出来ました。

悪性の肉腫、ガンでした。

早急に手術をしました。

早期に発見したため、前脚の切断は免れました。

術後のアツシ
NEC_0081.jpg

術後の経過もよく安心し一年が経った頃、今度は口の中に腫瘍が出来ました。

口の中の腫瘍は一年間に三回手術で除去しました。

でも、取っても取っても、また再発しました。

四回目は「これ以上切除手術をすると口が機能しなくなる」と言われ・・・

薬で腫瘍の成長を抑えるという方法に切り替えました。

ステロイドです。

しかも、アレルギーの時に使用した時の何倍もの量を投与しなければなりませんでした。

そして三ヶ月後、アツシは重度の糖尿病になりました。

そして、肝臓も腎臓も機能しなくなり、食餌もとれなくなり、

点滴で二週間命をつないで、二年前の今日亡くなりました。

亡くなる前日、仕事から帰るとアツシは風呂場で粗相をし汚れた姿で横たわっていました。

アツシは、プライドが高く、どんな時もを粗相をしませんでした。

だから、その姿を見たとき「ああ、もう、終わりなんだ」と思いました。

薄暗い風呂場に、私とすっかり痩せて小さくなってしまったアツシ。

私は、心も体も破裂してしまいそうでした。

でも、号泣しながらも、安堵している自分がいました。

これでアツシを苦痛から解放できる。

私自身も後悔や苛立ち自己嫌悪から解放される。




翌日、アツシは亡くなりました。

最後だけは苦しまずにいけました。

あの日は今日とちがって、とてもいい天気でした。


あれから二年たったけれど・・・

いまでも、自問自答の毎日です。

「私に動物を飼う資格はあるのか」


でも、やっぱり、アツシと過ごした日々は私にとってかけがえの無いもの。

辛かったけど、楽しかった。幸せだった。

ホントにありがとう。

今度は、丈夫な元気な体で生まれておいで。
NEC_0002.jpg
NEC_0018_20120525114626.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
























スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。maruna3と申します。
アツシくんの記事を読んで泣いてしまいました。
私も猫を飼っています。
アツシくんと同じ白黒の八割れ柄の♀(名前マルコ)です。
なので余計に感情移入してしまいました。
マルコもアツシくん同様、私が仕事から帰ると玄関まで迎えに来てくれます。
本当に嬉しいし、癒されますよね。
しかし、一人暮らしで飼っているため「私に動物を飼う資格があるのか?」と、はなじょうさんと同じ自問自答をすることもあります。

アツシくんの闘病生活、大変でしたね。
でも記事と写真から、はなじょうさんの愛情を受け、アツシくんが幸せだったことが伝わってきます。
ろいちゃんとちぃちゃんも幸せそうです!

アツシくんも天国から、はなじょうさんと、ろいちゃん、ちぃちゃんを見守ってますよ!

maruna3さんへ

コメントありがとうございます。

あの五年間を思い出はいつもアツシと共にあります。
辛いこともあったけど、いつも暖かかったのです。

マルコさん、拝見しました。
とてもカワイらしい猫さんですね。
どんな柄の猫さんも大好きですが、ハチわれは別格です(笑)

動物を飼うと難しい問題に問題に直面することが多々あります。
また、捨て猫捨て犬等の悲しい現実を見てしまうこともあります。
非力な自分に脱力するこも多くて・・・
でも最近は、自分に出来る範囲で動物との生活を楽しもう!って開き直ってます。

記事を読んでいただいて、共感していただけて、私もアツシも本当に嬉しいです。
ありがとうございました。





No title

2年前、悲しいお別れがあったのですね・・・

アツシくん、とっても幸せだったと思います。
はなじょうさんと暮らして、人間の優しさ、愛情の深さを
しみじみ知って、旅立ったんじゃないのかなぁ・・・

どんな病気であれ、最後までちゃんと寄り添い、最後を
きちんと看取ってあげた、はなじょうさんは立派です!!
立派な猫飼いさんです!!

アツシくん、次は絶対、元気な体で生まれ変わってきて
欲しいですね!!
私もお祈りしてます!

同じくもらい泣きで今、目がはれてるじろははでした。



じろははさんへ

じろははさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

アツシのことは家族、夫にすら深く話せずにいました。
辛かったし、悲しかったしっていうのもあるんですが・・・
なんというか・・・
私のなかで大事なこと過ぎて・・・
話してしまって軽くなることが怖くて。

でも、二年たって誰かに聞いて欲しくて・・・
アツシのことを知ってほしくて・・・
ブログに書きました。
読んでいただいて、
アツシのために祈っていただいて、
ともてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

世界中の猫が健康で心地よくありますように。
じろさんも、ろいもちぃも、アツシも。

line
プロフィール

はなじょう

Author:はなじょう
大きなベージュ猫ろい、小さな白猫ちぃと暮らしてます。
グータラ主婦のはなじょうです。
だらだらと癒し生活つづります。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。